黒にんにくの効果

慢性的なストレスからの毎日への不安

最近日中の活力の低下が著しく現れています。やる気やだるさが身体中を覆ってしまい、少し動くだけでもすぐに疲れてしまいます。

 

虚弱体質とも診断されました。漢方や栄養ドリンクを摂取することもあるのですが、それも一時的なものであまり効果が期待できません。この症状は慢性的なストレスから生じるものだとも思いますので、根本となるストレスを除かない限りでは解決できないと思います。

 

対策としては、散歩や運動によって気持ちを発散して、家や風呂場では極力長い時間浸かることにして、気持ちをリラックスさせています。その効果があるのか、常に代謝が良く、高いエネルギーの状態を保つことができている気がします。

 

食事にも気を使っています。現代人に不足しがちなミネラルやビタミンを含む食品を多く摂取することで、脳にエネルギーを供給し、疲れを感じにくくします。

 

また何かと不足しがちな糖分や塩分もしっかり摂るようにし、日々の活力に活かしています。

 

 

 

あとは何かスポーツにのめり込むといいかもしれません。適度な運動は脳と身体を刺激し、新陳代謝を良くします。デスクワークやじっと座りながら作業することも多い現代のライフスタイルでは、とにかく動くことが大事です。溜まった老廃物などを、外に出す働きをしましょう。

 

また最近では、毎日に対する不安から、暴飲暴食に走ってしまう傾向があり、知らない間に1ヶ月で数キロ太ってしまうこともしばしばありました。毎日がとにかく不安です。しかし、そんな悩みを抱えているのは何も自分だけではないのだと考えると、少し気が楽になる気もします。みんな同じように悩みを抱えているものだと。そう考えると他人への接し方も変わってくるし、自分の活力にもなる気がします。病は気からとも言います。気持ちの持ちようで、なんとかなるものなのです。

 

こんな有名人の話を知っていますでしょうか。「病気とは気にすれば気にするほど余計に酷くなっていくものだ」この話の通り、病は気にしないことが1番です。

 

そのためには何か夢中になれることにひたすら打ち込むのがいいでしょう。誰しも不安は抱えているものですが、一時的に不安を凌いで生きているものです。

 

毎日夢を持ってさえいれば、どんなことが起きても大丈夫です。

 

あとは落ち着ける場所を作ることが大事です。その空間にいる時だけは、安心できるし、素の自分でいられると思うことが大事です。

更新履歴